春のバザー

  「真夏日」のバザーでした。「春の……」ではちょっとイメージがちがうようなバザーでした。
  お客様の入りや売れ行きは例年並みだと思います。
  暑いので「ビールが売れるのではないか」はそうでもなかったようです。
  つまり、運転などの関係で飲みたいけれどガマンしている人も多かったり、
  いつものお得意さんの数は晴雨には関係ないのかもしれません。ほとんどの品物は完売でした。

  暑い中、火と向き合っていた、
  チヂミ、焼き鳥、焼きそば、赤飯、カレーなどの調理や販売の方には大変であったと思います。

                                              (文・写真   野澤達也)