春のミニバザー
     春のミニバザーは晴天に恵まれました。
   どの売り場も開店からそれほど時間が経ずに売り切れ続出でした。
   ホールの中でもとてもにぎやかで
楽しそうな笑い声に満ちていました。
   子どもたちに人気なのはバルーンアートや掘り出し物のおもちゃ、
   またポップコーンを売り歩いて
がんばる子どもたち姿もありました。
   秋のバザーは宣教
140周年を記念して1020日(川越祭りの初日)に行う予定です。

     

     

     

     
                                              (文と写真  野澤兄)