川越キリスト教会の歩み・パネル展
 
    
                

       
        宣教師 ミス・ボイド師送別会 1940年(昭和15年)12月1日撮影
           32年間婦人宣教師として働く女史に多くの家族が導かれた

       
        旧牧師館 1925年(大正14年)12月新築
         設計:奥村亮司祭   施工:安田圭介兄
      北側に会館が併設され、総面積38坪、2000年(平成12年)まで使用。歴代司祭ご家族が住まう。

       
        伝道隊の勢揃い  1912年(明治45年)5月撮影
          神学校教授と学生の伝道隊。4日間の集会を川越で催す

       
        新装なった礼拝堂と田井正一司祭 1921年(大正10年)4月10日
         念願の聖堂が宣教開始43年目に与えられた。総面積:42坪、総工費:18,614円

       
        宣教師 ミス・マータンとみす・アプタン 1913年(大正2年)頃
         養子の男子ヨハネさんも一緒に

       
        川越裁縫女学校 1907年(明治40年)撮影
         田井正一校長、ミス・ヘーウッド教師と生徒たち

       
        初雁幼稚園、川越女学校の裏宿校舎 1903年(明治36年)撮影
         場所:川越市宮下町1丁目 後に川越女学校は裁縫女学校となる。

       
        日曜学校生徒と宣教師 1905年(明治38年)頃
         40名の子供達が集う。川越本校の他、南大塚、入間川村でも行われていた。

       
        初雁幼稚園の園児達  1907年(明治40年)前後  お部屋でおままごと。

       
        宣教師と川越教会の人々 1907年(明治40年)撮影
         後列左より  細貝邦太郎 駒野義夫 田井正一 高野喜十郎
         前列左より  梅沢かね子 ミス・ヘーウッド 大内いそ子 ミス・ランソン

       
        本町教会 現礼拝堂ができる前の教会 60坪の土地に平屋木造
        1889年(明治22年)~1920年(大正9年)まで使用
        途中1893年川越大火にて消失